学生ローンの利用は親にばれない?

学生ローンは条件を満たしていれば親にばれないで利用できます。20歳以上で安定した収入が見込めることが学生ローンで融資を受けられる条件になっていることが多いので、アルバイトで良いので定期定な収入があれば問題ありません。未成年の場合はこの条件を満たしていないので利用できませんが、親の同意があれば利用できるものもあります。この際に同意書を偽造しても、親に電話で確認されるので親にばれないで利用するのが難しくなります。ただし、学生ローンを専門にしている業者であれば未成年でも親の同意なしで融資を受けられるところがあるので、親にばれないで利用できます。
学生ローンを親にばれないで利用するときの注意点として、家の固定電話に連絡が来ないようにしなければなりません。申し込みの後に確認の連絡があるので、自分の携帯電話を持っているのであれば、それを連絡先にします。持っていないときは連絡の時間を指定して親が出るまえに電話を受けるようにします。学生ローン審査に通れば契約書などが送られて来ますが、ネットで完結できる申し込みであれば、これもメール通知などにできます。また、店舗で受け取ることもできます。
契約後の利用にも注意が必要です。返済の遅延を起こしてしまうと督促の通知が来てしまい、親にばれる危険性があります。確実に返済できる範囲での利用を心掛けなければなりませんが、返済日に間に合わなくなってしまったときは遅れることを連絡し、いつまでに返済できるのか説明しておけば督促を回避できます。